2018年04月13日

ピニオンギア交換(ピニオンギアリムーバー2、ナットブレーカー利用)

ARES AMOEBA AM-008に入れているマルイEG-1000モーターのピニオンギアを見たら、少し削れてきていました。
どうやら、AM-008のベベルギアが硬いのに対し、EG-1000の方のピニオンギアが柔らかいので、削れてしまうようです。
ベベルギアをマルイのものに変えて使うのが定石のようですが、もうピニオンギアが削れてしまったので、ピニオンギアの方を硬いものに交換したいと思います。

そして、ピニオンギアの脱着のため、イーグル模型のピニオンギアリムーバー2を買ってきました。


まずは、削れてしまっているピニオンギアを取り外します。


ギアの歯を引っ掛けてシャフトを押して取り外すのですが、ギアの歯の方が負けてしまって取り外せなくなってしまいました。

つらい…。

頭を抱えながらネットで検索したら、エボログの方でナットブレーカーを使って、ピニオンギアを破壊する方法が紹介されていました。

ということで、ナットブレーカーを購入。


強い力でレンチを回さなければいけないんですが、それに苦労しました…。(エボログの方のように万力を持っていればいいんですが、自分は持っていないので…)
モンキーレンチでナットブレーカーを抑えて、別のレンチで回していくことにより力を加えていきます。


マルイのギアは柔らかいので、バキっとならずに、だんだん変形して行く感じでした。


そして、ポロッと取れました。


評判が良さげなLayLaxのハードピニオンギアをつけます。


ピニオンギアリムーバー2を使って、圧入しました。
取り付けに関しては、あっさり成功。


苦労しましたが、交換できて良かったです。

  

Posted by tekateka at 22:07Comments(2)ARES AMOEBA AM-008

2018年03月20日

ARES AMOEBA AM-001 スプリングガイド交換

AM-001のスプリングガイドについて、標準のものが買った時から錆びていたのと、スプリングガイドとスプリングの間のワッシャーを誤って曲げてしまったことがあり、気になっていたので、ARES AMOEBA メタルボールベアリング ショートスプリングガイドに交換しました。


ついでに、送料がもったいなかったので、スペアとしてARES M4タペットプレートも買っておきました。(前にメカボを開けた時に少し消耗してたので)

左が標準のもので、右が組み込むものです。

ピンクくてテカテカしてます。
ベアリングがある分、ワッシャーの位置が高くなっているので、スプリングのテンションがあがって、初速が上がることが予想されます。
あと、ワッシャーはベアリングにくっついているので、前にみたいに落として曲げてしまうこともなさそうです。

組み込み前に、アングス 0.9Jスプリング Lで初速93m/sぐらいだったのが、組み込み後、やはり初速があがって、95m/sぐらいに上がりました。
95m/sだと上がりすぎなので、KM企画 0.8Jスプリングに交換して、92m/sにしました。

  

Posted by tekateka at 21:27Comments(0)ARES AMOEBA AM-001

2018年03月10日

ARES AMOEBA AM-001 シリンダーピストン周り交換

AM-008のカスタムでAmoebaのメカボに慣れたので、AM-001も初速の安定を狙ってシリンダーピストン周り交換していきます。

AM-001は前方配線なので、ハンドガードとアウターバレルを外して、分解します。

あとは、AM-008と同じ感じで分解できます。

メカボを開けるとこんな感じ。

グレーのグリスと黄色いグリスが使われていました。拭き取って、後でマルイのシリコングリスと高粘度グリスに塗り替えて行きます。
もともとギアノイズは大きくないので、シム調整はそのままにしときました。
ちなみに、ギアが削れたりとかはしてなかったです。

以下のパーツを組み込んで行きます。
ACE1ARMS アルミニウム エアシール ノズル ダブル Oリング M4
ACE1ARMS サイレントシリンダーヘッド Ver2用 Type B
ACE1ARMS サイレントピストンヘッド
ACE1ARMS 強化 ポリカーボネート ピストン 金属歯 14 枚
LayLax ステンレスハードシリンダー F type

AM-008の時との違いは、シリンダーの容量と、シリンダーヘッドとピストンヘッドをサイレントのものにしているところです。

比べるとこんな感じ。シリンダーのスリットの位置は、標準のものとほぼ一緒です。

ピストンをシリンダーに入れてみると、標準のものはスカスカですが、今回組み込むものは少し抵抗があって気密が取れてる感じでした。

パーツを組み終わって、KM企画3点可変圧0.98Jスプリングで92m/sだった初速は、96m/sになりました。
やはり、気密が取れてるからか、初速があがりました。
ちょっと上がりすぎなので、初速を落とすために、アングス 0.9Jスプリング Lに交換して、初速90m/sぐらいにしました。

あと、シリンダーヘッドとピストンヘッドをサイレントのものにしましたが、特に、静かになってる感じはないですね…。(まあ、そこはそんなに気にしてなかったので別にいいんですが。)

また、サバゲで使って様子を見ていこうと思います。

  

Posted by tekateka at 19:52Comments(0)ARES AMOEBA AM-001

2018年03月04日

ARES AMOEBA AM-008 ショートバレル化、シリンダーピストン周り交換

一年ほど前に買ったARES AMOEBA AM-008について、フロントサイトがあまり気に入っていなかったのと重いので、取り外してショートバレル化しようと思います。
あと、それに合わせたシリンダー容量にしたり、ついでにピストンなども交換していこうと思います。

ハンドガードの横から六角レンチを入れてイモネジを外します。


フロントサイト部分を回すと、アウターバレルのネジから外せました。

他の方のam-008分解ブログだと、アウターバレルにネジがきってなかったですが、僕のにはネジがきってありました。
ロットによって仕様が変わるんですね。
別途、アウターバレルを買おうと思ってたのですが、このまま使える感じなので助かりました。

そのままショートバレル化すると、インナーバレルが飛びでてしまうので、LayLax BCブライトバレル 208mmに交換します。


元のは260mmぐらいなので、これぐらい短くなります。


とりあえずハイダーを使い回して、こんな感じにショートバレル化する事ができました。

重量も軽くなりました。

ショートバレル化して、シリンダーのエア容量と合わなくなったので、シリンダーをスリットが入ったものに変えていきます。
あとついでに、ピストンなども交換します。

ちなみにam-008はフルシリンダーです。


メカボを開けるとこんな感じです。
(ちなみに自分はこれが初めてのメカボ開帳です。)

オイルやグリスがベタベタしてましたが、もっと汚いのを想像してたので、わりと綺麗だなと思いました。
am-001より明らかにギアノイズがするので、ギアが削れてるんじゃないかと思っていましたが、削れていませんでした。

以下のパーツを組み込んで行きます。
ACE1ARMS アルミニウム エアシール ノズル ダブル Oリング M4
ACE1ARMS シリンダーヘッド Ver2 ショート用
ACE1ARMS 8ホールピストンヘッド
ACE1ARMS 強化 ポリカーボネート ピストン 金属歯 14 枚
LayLax ステンレスハードシリンダー E type (写真はCタイプが写ってますが、組み込んだのはEタイプ)


ベベルギアについてそのままだと、マルイのEG-1000のピニオンギアを削ってしまうと聞いたので、ベベルギアをマルイのものに変えてみました。
すると、ギアノイズが大きくなってしまい、シム調整もしてみようと思いましたが、うまくいかなかったので、結構、元のギアに戻しました。

初速が上がるとおもうので、入れていたスプリングよりも弱いKM企画0.8jスプリングに交換しました。

初速は、ホップ最小で92m/s、中間で94m/s、最大で93m/sぐらいになりました。
(もう少し初速を下げたいので、もう少し弱いスプリング買って来ようかなあ。)


ショートバレル化をしつつも、スプリングを弱いもので同等の初速にできたので、自分としては満足なカスタムになりました。

  

Posted by tekateka at 20:20Comments(0)ARES AMOEBA AM-008

2018年03月04日

ARES AMOEBA AM-008 (1年前に)購入

1年ほど前にARES AMOEBA AM-008を購入していました。
AM-001よりも前に買った、初めての海外製&電子トリガーのエアガンです。

CQB-Rと似たデザインのモデルです。


買った当時、初めての海外製エアガンで不安だったので、フォートレスでモーターとチャンバーのカスタム品を買いました。(今なら、これくらい自分でカスタムしますが。)
ちゃんと、加工前と加工後の初速やサイクルが買いてあるカードが付属しました。


本体と一緒に、交換されたバレルとチャンパーパッキンとホップアームが付属していました。モーターは入っていませんでした。


本体をテイクダウンしてチャンバーを取り出してみると、青色のホップアームと真鍮製のバレルが組み込んであるのが分かります。

ただ、ホップアームを固定するピンを止めるシムのようなパーツが付いていないのが気になりました。(AM-001には付いていた。)
最初から付いていなかったのか、交換時に捨てられてしまったのか…。(まあ、本体に組み込んでしまえば取れることはないと思うので、良いのですが。)

初速を測ってみたら、箱だしそのままで94m/sぐらいでした。

カスタムカードには88m/sとありましたが、なぜかそれより高めでした。

ホップをかけると初速が上がるタイプで、ホップを上げていくとギリギリの数値になってしまうので、初速を下げるため、アングス 0.9Jスプリング M を組み込みました。

AM-008もストックとストックパイプさえ取れば、スプリングを交換できるので便利です。

初速は適正ホップで92m/sぐらいと、ちょうど良くなりました。

上記の状態で、サバゲで5回以上使ってきましたが、マルイのエアガンに比べて、初速が不安定なのが気になりました。
ある日突然5m/sぐらい下がったり、その日の一発目だけ初速が高くなったり。
内部パーツの精度が悪いのかな…。

1年経ったこともあり、カスタムしていこうと思います。(次回に続く)

  

Posted by tekateka at 09:13Comments(0)ARES AMOEBA AM-008

2018年02月04日

マルゼン ワルサーP99 FS ホップパッキン交換

1年ほど前に、マルゼン ワルサーP99 FS を購入しました。
ガスブロが動かない冬用にと思って買った固定スライドガスガンです。


固定スライドガスガンとしては、マルイのSCOMOM Mk23が有名ですが、大きすぎるのと、合うCQCホルスターが無いので、P99FSを選択しました。

P99FSは、コンパクトで握りやすいグリップと、うわさ通りのトリガーブルの軽さで、いい感じの撃ち味です。
ただ、固定スライドという性質上、ダブルアクションでしか撃てないので、連射のしやすさはガスブロや電ハンにはだいぶ負けますが…。

去年、実際に真冬の野外サバゲに持って行ったら、給弾不良やガスがブシューっとすることもなく、正常に撃てました。
ただ、ホップ性能がめちゃくちゃ悪いです…。
ホップのかかり具合がピーキーで、可変ホップの調整をいくらしても、ホップが少ししか掛からないか、かかりすぎて上空にすっとんでいくかのどちらかという感じでした。

ということで、P99FS用のホップパッキンである 戦民思想 HowlingMoon を購入。

ネットで探すとどこも売り切れですが、秋葉原のマイトリーに置いてありました。
HowlingMoonは、標準のP99FSには無い押しゴムを追加してくれるホップパッキンです。

P99FSの説明書を見ながら本体を分解し、


チャンバーを分解して、ホップパッキンを交換です。


分解難易度は高くなかったです。
ただ、チャンバーを固定しているU型のリングがかなり硬くて指で取れずに苦労しましたが、ピンセットで押し出して取り出しました。

そして、今年、真冬のサバゲで使いました。
めちゃくちゃだったホップが安定し、まともな弾道になってました。
マルイほどと言わないですが、20mのマトは狙えるぐらいになりました。
ちなみに、初速は60m/sぐらいでした。

自分としては冬のサバゲで満足できるサイドアームが出来てよかったです。
(まあ、電ハンの方が強いですが…。)

  

Posted by tekateka at 11:04Comments(0)Maruzen Walther P99 FS

2017年12月08日

ノーベルアームズ COMBAT T1(リニューアル版) 購入

先週にECHIGOYA(新宿店)のセールで値下がりしてたこともあって、ノーベルアームズ COMBAT T1(リニューアル版)を買ってしまいました。
前のバージョンの同じものを持っているんですが、セールって怖いですね。

11,800円でした。
あと、1万円以上購入でガラガラが引けて、マルイのバイオ弾当たりました。(なので、実質1万円ぐらいで手に入れたことに…!)

AMOEBA AM-001(CCR)には、COMBAT Mk3を付けてたんですが、太陽の下ではドットを見失ってしまうことがあり、どうしようかなあと思っていたところでした。
(HolosunのHS403Aも気になってましたが、高くて…。)

リニューアル版って何が違うのか店員の方に聞いたところ、レンズの青みが少なくなって視界がクリアになったことと、キルフラッシュに追加して透明のレンズガードも付属するようになったとのことです。

レンズの青みってあまり気になったことないですが、せっかくなので見比べてみました。
以下が、元から持っているもので、


以下が、リニューアル版です。

写真だと分かりづらいですが、たしかに青みは減っている感じでした。

自分としては太陽の下でドットを見失わないぐらい光量があるかが重要なんですが、最大光量だとかなりのテカテカだったので、大丈夫そうです。

そして、AMOEBA AM-001(CCR)はこんな感じになりました。

やっぱりT1は軽量な感じでいいですね。


  

Posted by tekateka at 21:55Comments(0)accessory

2017年11月20日

ARES AMOEBA AM-001(CCR) サバゲでの使用感、モーターまわり調整

ARES AMOEBA AM-001(CCR)をいろいろいじった後、サバゲで3回ほど利用したのでその使用感などを書こうと思います。


ホップアームを自分で加工して、ちゃんとホップが掛かるかが一番心配でしたが、普通にホップが掛かっていて安心しました。
銃身が短いエアガンですが、弾道も悪くなかったです。

軽くて短くて、初速もそこそこあり、サバゲではかなり使いやすかったです。

気になったのは、初速が安定していないことです。
同じホップの位置でも日によって、88m/sから93m/sぐらいの幅がある感じです。
何が原因なんだろうか。内部パーツの精度が悪いのだろうか…?

1回はインドアに行きましたが、初速90m/s制限があったのでスプリングを弱いものに変えて参加しました。
スプリングが気軽に交換できるのはAMOEBAのいいところですね。

ちなみに、この前のユニフェスに行きました。

内容が僕の好きなサバゲバイキング形式(3フィールドで好きなとこに参加)になっており、かなり楽しめました。


ギアノイズが少し大きくなったかな?と思って、モーター底部のネジを調整してたんですが、このネジがかなりゆるゆるでした。
銃をひっくり返して撃って見たら、撃つたびに位置が変わる感じ…。
これはいかんと思って、ネジロック剤で固定しておきました。


あと、家で試し撃ちしていたら、急に撃てなくなって、どうしたんだろうかと思っていたら、モーターピンが抜けていました。
これも結構ゆるゆるな感じだったので、ラジオペンチでつまんできつく刺さるようにしておきました。(つまみすぎると刺さらなくなるので注意です。)

サバゲ中に抜けることはなかったのですが、丸型端子に交換しようか迷い中です。

  

Posted by tekateka at 00:08Comments(0)ARES AMOEBA AM-001

2017年10月28日

ARES AMOEBA AM-001(CCR) スプリング交換

ARES AMOEBA AM-001(CCR)のスプリングを、アングス 0.9JスプリングSから、KM企画3点可変圧0.98Jスプリングに交換しました。

スプリングはアングス 0.9JスプリングSでホップ中間で初速90m/s前後でしたが、サバゲで1回使ったら、3m/sほど落ちて87m/sぐらいになってました。

ちなみに、手持ちの他のスプリングに変えたりして様子を見てみましたが、スプリングのへたりではなく他の原因っぽい。

とりあえず初速90m/sぐらい欲しいなあと思い、もうちょっと強めのスプリングに変えてみるかということで、KM企画3点可変圧0.98Jスプリングを購入しました。


組み込んで初速を測ったらホップ中間で92m/sぐらいに。ちなみにホップ最小で88m/sで、最大でも92m/sぐらいでした。だいたい狙い通りの初速になりました。


試しに、もともとam-001に入っていたスプリングに変えたら、ホップ中間で92m/sぐらいで買ったkm企画のスプリングと同じぐらいに。

それなら、新しいの買わずに、このスプリングでもよかったんじゃあ…。

ただ、km企画のスプリングの方が長かったです。切って調整するように長く作ってあるようです。
長い方がピストンがバウンドしづらくなるかなあと思って、km企画の方のスプリングを使うことにします。

  

Posted by tekateka at 16:01Comments(0)ARES AMOEBA AM-001

2017年10月27日

ARES AMOEBA AM-001(CCR) サイレンサー取付

ARES AMOEBA AM-001(CCR)に、KM企画40ライトウェイトサイレンサー65を取り付けました。

ちなみに、今までの外装はこんな感じでしたが、ストックレスの銃の場合、個人的にハイダーが細いと違和感を感じるので、太いに変えたいなあと思っていました。

あと、バレルが短いせいか発砲音が大きいのが気になっていたので、短くて太いサイレンサーを付ければ良いんじゃないかということで…。

KM企画のサイレンサーで一番太くて短い40ライトウェイトサイレンサー65を買ってきました。
あと、太すぎてそのままだと付かないので、ECHIGOYAでアウターバレルを少し延長するやつも買ってきました。(なにげに2000円もしました…。)


そして見た目はこんな感じに。

音の方は、サイレンサーが短いのでそれほど小さくなりませんでしたが、甲高い音が抑えられた感じになりました。

  

Posted by tekateka at 23:21Comments(0)ARES AMOEBA AM-001